鈴木大地負傷交代 二遊間の打球追ってドラ1中村と激突

[ 2015年3月14日 15:47 ]

<ロ・神>7回無死一塁、負傷交代する鈴木(中央)を心配そうに見つめる伊東監督(右)

オープン戦 ロッテ―阪神

(3月14日 QVCマリン)
 2年連続フル出場を続けているキャプテンにアクシデントだ。ロッテの鈴木がドラフト1位ルーキーの中村と守備の最中に交錯し、負傷退場した。

 7回無死一塁の場面で江越が二遊間へゴロを放つと、打球を捕球した二塁・中村に遊撃・鈴木が激突。鈴木は自力で立ち上がることができず、松山秀明内野守備走塁コーチらの肩を借りて左足を引きずりながらベンチへ退いた。

 遊撃には鈴木に代わり三木が入り、中村はそのまま二塁を守った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月14日のニュース