イチロー好守に指揮官「いいプレー」、緊急で一塁の可能性は否定

[ 2015年3月14日 10:50 ]

カージナルス戦の2回、二塁から生還を狙った走者を好返球で刺したマーリンズ左翼手のイチロー
Photo By スポニチ

オープン戦 マーリンズ6―3カージナルス

(3月13日 フロリダ州ジュピター)
 イチローについて「外野三つのポジションをしっかり守ってくれる。彼がいることで起用に厚みが出る」と話していたマーリンズのレドモンド監督は、イチローが2回に好送球で走者の生還を阻んだことに「いいプレーだった」と目を細めた。

 今後のオープン戦でも外野全ポジションを随時守らせる方針。地元メディアから緊急の場合に備えて一塁を練習させるかどうかを問われたが、同監督は「現時点でわれわれのプランにはない」とその可能性を否定した。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月14日のニュース