神宮大会覇者の仙台育英 万全布陣で“2冠”へ自信

[ 2015年3月14日 05:30 ]

対戦が決まり握手をする、仙台育英の佐々木柊主将(左)と神村学園の児玉主将

第87回選抜高校野球大会組み合わせ抽選会 仙台育英―神村学園

(3月13日)
 仙台育英(宮城)が昨秋明治神宮大会優勝の実力を聖地でも見せつける。3日目第2試合に神村学園との初戦が決定。

 佐々木順一朗監督は「昼の試合なので、いつもと同じ生活リズムでできるのは大きい」と日程を歓迎した。昨年11月に左足首を骨折した正右翼手・佐々木柊主将も復帰。「今回は万全のオーダーでいけると思う」と、指揮官は「2冠」へ自信をのぞかせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月14日のニュース