ロッテ 荻野貴 左肩骨折の手術へ「全治5、6カ月 今季は駄目みたい」

[ 2014年6月27日 17:48 ]

 ロッテは27日、左肩を骨折した荻野貴司外野手が7月2日に神奈川県内の病院で手術を受けると発表した。伊東監督は「全治5、6カ月で今季は駄目みたい」と話した。

 荻野貴は22日の中日戦で本塁に滑り込んだ際に負傷。精密検査の結果「左肩関節窩骨折」と診断された。今季は40試合に出場し、打率2割6分1厘、3本塁打、12打点、15盗塁だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月27日のニュース