仙台育英3年連続狙う 1メートル90腕梅津、骨折から回復 

[ 2014年6月27日 05:30 ]

 第96回全国高校野球選手権大会(8月9日から15日間、甲子園)の宮城大会の組み合わせが26日、決まった。昨秋、今春の県大会を制した仙台育英は、夏は3年連続出場を狙う。また、秋田、山形大会の組み合わせも決定した。

 仙台育英は1メートル90の大型右腕・梅津が、万全の状態で夏のマウンドに上がる。6月に左手首に死球を受け骨折したが、現在は練習試合に登板するまでに回復。打線は破壊力があるだけに、3年連続の夏切符へ向け、中野主将は「甲子園では東北初の優勝旗を持ち帰りたい」と意気込みを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月27日のニュース