ヤクルト・山田に日本生命賞 交流戦で首位打者「自信になりました」

[ 2014年6月27日 17:49 ]

交流戦の日本生命賞を受賞し、賞金100万円をゲットしたヤクルト・山田。カメラマンのカメラを借りてシャッターを押し「これ買おうかな~」と笑顔を見せる

 ヤクルトの山田哲人内野手(21)が、交流戦の日本生命賞を受賞した。

 打率・378で首位打者に輝く活躍を見せ、優秀選手賞に当たる同賞をゲット。この日は28日から始まる巨人戦に向け秋田こまちスタジアムで全体練習が行われたが、その冒頭で小川監督から発表があり、チームメートやスタッフらに大きな拍手で祝福された。「まさかこういう賞があるとは知らなかった。(首位打者は)自信になりました」とはにかんだ山田。小川監督も「彼にとって頑張ってきた証を手に入れた。非常によかった」と急成長中の若武者に目を細めた。

 畠山とバレンティンが離脱する中、現在は3番打者としてチームをけん引。再開するリーグ戦に向け「3番という大事なところを任されている。その期待に応えられるように、チャンスに強い打撃をしたい」とさらなる飛躍を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月27日のニュース