×

バレ 18号でエルド抜き単独トップも「こだわらない」

[ 2014年5月31日 21:53 ]

<ソ・ヤ>3回1死、18号ソロ本塁打を放つバレンティン

交流戦 ヤクルト11―4ソフトバンク

(5月31日 ヤフオクD)
 ヤクルト・バレンティンが豪快2発で大勝を演出し、広島・エルドレッドを抜いて本塁打争いの単独トップに立った。

 まずは初回だ。1死一、三塁の場面で先制の左越え17号3ラン。さらに3回の第3打席には18号ソロを左中間に叩き込んだ。

 試合後、2本とも「いい感触だったよ」と振り返ったバレンティン。「この時期に18本は満足だが、ホームランにこだわらず、チームのためにやっていきたい」と淡々と語っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年5月31日のニュース