×

青木 17打席ぶり安打 チームは連敗4で止め笑顔

[ 2014年5月31日 05:30 ]

<ブルージェイズ・ロイヤルズ>5回、バトラーの適時打で、二塁から一気にヘッドスライディングで生還したロイヤルズ・青木

ア・リーグ ロイヤルズ8―6ブルージェイズ

(5月29日 トロント)
 ロイヤルズの青木が5試合17打席ぶりの安打をマークした。

 1点を追う5回無死二塁で三塁前にセーフティーバント。フルカウントから相手の先発ディッキーのナックルボールにバットを合わせた。チャンスを広げ、後続の適時打で一時、勝ち越しの生還を果たした。同点の延長10回は無死一、二塁で再び三塁前に送りバントを決め、2点の勝ち越しに貢献。試合前には前カブス監督で今季は三塁ベースコーチを務めていたデール・スウェイム氏を新打撃コーチとするなど、コーチ陣をテコ入れ。連敗を4で止め、青木も「こうして勝てたし、チームが前向きになれれば」と笑顔だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年5月31日のニュース