ヤクルト 8回一挙5点で連勝 巨人 今季初の4連敗

[ 2014年4月15日 21:45 ]

7回2死一塁、西浦の右適時二塁打で生還する相川

セ・リーグ ヤクルト8―4巨人

(4月15日 静岡)
 ヤクルトが8回に一挙5点を入れ、DeNA戦に続き連勝した。

 3―3の8回、1死満塁で畠山が押し出し四球で1点勝ち越すと、相川、ユウイチの2点適時打がそれぞれ飛び出し、巨人を引き離した。

 巨人は阪神戦から4連敗。6回にロペスの本塁打でリードを奪い、逃げ切りを図ったが2番手のマシソンが誤算。9回に好機をつくったが、1点で終わった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月15日のニュース