巨人 打順組み替えも4連敗 川相ヘッド「勇人は形をつくってくれた」

[ 2014年4月15日 22:47 ]

セ・リーグ 巨人4―8ヤクルト

(4月15日 静岡)
 巨人は1番に坂本を起用するなど打順を組み替えたが、連敗脱出にはつながらなかった。坂本は2度の出塁で2盗塁を決め、川相ヘッドコーチは「(坂本)勇人は形をつくってくれた。もっと点を取れればこしたことはないが、悪くはなかった」と前向きに捉えた。

 過去3試合は全て1得点以下だったが、この日は4得点と打線に復調の兆しは見えた。4番の村田は「何とかしたい気持ちをもって毎回やっている」と気持ちを切り替えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月15日のニュース