ワシントン監督が退場 判定覆り「納得できない」

[ 2014年4月15日 13:24 ]

マリナーズ戦の6回、ビデオで判定が覆ったことに抗議して退場となったレンジャーズのワシントン監督

ア・リーグ レンジャーズ1―7マリナーズ

(4月14日 アーリントン)
 レンジャーズのワシントン監督がビデオで判定が覆ったことに抗議し、退場処分になった。

 6回1死満塁でミラーのゴロが投前に。本塁で送球を受けた捕手が一塁に転送しようとしてファンブルした。本塁はアウトと最初はジャッジされたが、マリナーズ側がビデオ判定を要求し、完全捕球していないとされてセーフになった。

 試合後、ワシントン監督は「ルールも知っているし(完全捕球の)解釈も分かっている。ただ、納得はできない」と話した。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月15日のニュース