ヤクルト ローテ再編 八木が先発、ルーキー秋吉は中継ぎ

[ 2014年4月15日 05:30 ]

中継ぎから配置転換となり、16日巨人戦(神宮)に先発するヤクルト・八木が調整

 早くもローテーションの再編に乗り出した。今季から中継ぎに転向していたヤクルトの八木が、16日の巨人戦(神宮)に先発。代わって、開幕ローテーションに入りながら2戦2敗だった新人の秋吉が中継ぎに回る。

 高津投手コーチは「八木は本来の力を出せていない。秋吉は球種は少ないが力はあるので、1イニングなら抑えられるのでは」と配置転換の理由を説明した。救援では6試合で防御率5・87だった八木は「新たな気持ちでやりたい。中継ぎを経験して、1イニングでも1死でも多く投げたいと思う」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月15日のニュース