阪神 鳥谷、新井良のバットで勝利「たまたま 晋太郎に勝ちがついて良かった」

[ 2014年4月15日 22:53 ]

5回2死一、二塁、中越え3ランを放ち藤浪(右)と抱き合う新井良

セ・リーグ 阪神8―2広島

(4月15日 マツダ)
 好調の阪神は1―1の5回に広島の野村を攻略し、昨年7月以来の6連勝を引き寄せた。

 勝ち越し二塁打の鳥谷は「チャンスだったし、積極的にいこうと思っていた。甘く入ってきた球をしっかり捉えることができた」と冷静に振り返った。

 2死後は新井良が速球を力強く振り抜いて3ラン。今季4度目の3安打もマークしたが「たまたま。(藤浪)晋太郎に勝ちがついて良かった」と喜んだ。

 ▼和田監督「去年終盤は広島にやられていた。(カード)一回り目で勝てないと、その雰囲気を引っ張りかねない。あしたも取る」

 ▼阪神・中西投手コーチ(藤浪に)「変化球は低いところに入っていたし、真っすぐが(指に)かかっていた」

 ▼大和(4試合ぶりに安打)「少しだけ気持ちが楽になった」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月15日のニュース