阪神 6連勝 10勝一番乗りは12年ぶり 首位広島とゲーム差なしに

[ 2014年4月15日 21:30 ]

5回2死一、二塁、中越え3ランを放ち藤浪(右)と抱き合う新井良

セ・リーグ 阪神8―2広島

(4月15日 マツダ)
 阪神が5回に一挙4点を入れ、広島に逆転勝ち。6連勝となった。

 1―1の5回、鳥谷の適時二塁打でリードを奪った阪神は新井良の3点本塁打で4点を奪い試合を有利に進めると、その後も着実に加点して大勝した。

 先発の藤浪は7回を投げ、今季初勝利を挙げた。阪神はソフトバンク、オリックスと並んで両リーグ10勝一番乗り。02年以来の快挙となり、首位広島とゲーム差なしの2位につけている。

 広島はエルドレットの本塁打で先制したが、先発の野村が誤算。10年ぶりのリーグ10勝一番乗りはならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月15日のニュース