巨人 4戦連発バレ封じ 初戦はセドン、2戦目は菅野

[ 2014年4月15日 05:30 ]

キャッチボールを行う菅野(左)とセドン

 「バレ封じ」は絶好調コンビに任せた。阪神に3連敗し、3位に転落した巨人は15日からヤクルトとの3連戦。

 初戦(静岡)は来日初登板となった9日の広島戦(東京ドーム)で15奪三振の鮮烈デビューを飾った左腕セドン、2戦目(神宮)は開幕3連勝中の菅野を中5日で起用し、目下4戦連続本塁打中のバレンティンを抑え込む。

 キーワードは「縦」と「横」だ。新助っ人のセドンは、バレンティン対策を聞かれると「高低を使って目線を動かす投球をしたい」と明かした。1メートル93の長身を生かした角度のある直球に、落差のあるカーブやチェンジアップを織り交ぜる。「何となく嫌だと思わせればスイングは崩れてくる」と自信をのぞかせた。

 一方の菅野はワイドに攻める。「時にはインサイドに厳しいボールが必要。今後も考えると何か意識させるボールがないと」。内角の意識を植え付ければ、多彩な変化球を操る右腕の投球の幅は自然と広がる。昨季は9打数2安打(1本塁打)、打率・222と抑え込んでおり「今年の菅野は嫌だなと思わせる投球ができれば」と力を込めた。

 菅野にとって、2試合連続の「中5日」はプロ入り初。「チームがしんどい状況なので誰かが頑張らないと。今は自分かな、と思っている」と先発陣の柱の自覚を口にした。17日は20歳・今村の先発が予定されているだけに、セドンと菅野がいい形でつなげたい。そのためにも「バレ封じ」は勝利への絶対条件となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月15日のニュース