ヤクルト中継ぎ奮闘で逆転 山本哲今季初勝利「抑えられてよかった」

[ 2014年4月15日 22:12 ]

<ヤ・巨>お立ち台で笑顔の秋吉(左)と山本哲

セ・リーグ ヤクルト8―4巨人

(4月15日 静岡)
 ヤクルトは巨人との初戦を終盤の逆転でものにした。セットアッパーの奮闘が7、8回の計6点をもたらした。

 まず7回はこの日初の中継ぎ登板となったルーキー秋吉が3人を完璧に抑えると、同点とした8回を任された山本哲が先頭を四球で出しながらも、一発のある村田、長野、ロペスを切って取り役割を果たした。チームはこの回一気に5点を勝ち越し、今季初勝利を手にした。

 山本哲は「強い気持ちでマウンドに上がった。先頭をストレートの四球で出したのはダメでしたが、ゼロに抑えられてよかった」と、お立ち台で自らの投球を振り返った。11日の前回登板DeNA戦で今季初セーブ、この日は初勝利と、離脱したバーネットの穴を埋めるべくフル回転の構えだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月15日のニュース