判定覆り得点…レ軍指揮官 退場処分に チャレンジでも怒り心頭

[ 2014年4月15日 05:30 ]

<ヤンキース・レッドソックス>4回1死一、三塁、セルベリ(右)は三ゴロ併殺に打ち取られるが、チャレンジでセーフに。

ア・リーグ ヤンキース3―2レッドソックス

(4月13日 ニューヨーク)
 ヤンキースのセルベリが負傷交代した4回1死一、三塁の場面では、ひと騒動起こった。

 三ゴロ併殺に倒れたかに思われたが、ジラルディ監督の「チャレンジ」により、ビデオで判定が覆った。セルベリが一塁で生きて三塁走者が得点し、リードを2点に広げた。この判定をめぐってレ軍のジョン・ファレル監督は審判員に抗議し、退場処分に。1点差で敗れただけに「ビデオシステムは絶対的なものじゃない」と怒り心頭だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月15日のニュース