96年ぶり快挙の左腕 肘の再建手術へ

[ 2014年4月15日 15:02 ]

 レイズ先発ローテーションの一角で、現地時間4月7日のロイヤルズ戦で青木宣親外野手とも対戦したマット・ムーア投手(24)が来週にも左肘の再建手術を受け、今シーズン絶望となった。

 球団の公式サイトなどによると、ムーアは7日のロイヤルズ戦の5回、青木との対戦で2ボール2ストライクからのチェンジアップを投じた際に左肘に違和感を訴えて降板した。ムーアはシーズン中の復帰を希望している。

 昨シーズン、開幕から8連勝をマークし、23歳以下の左腕投手での開幕8連勝は1917年のベーブ・ルース以来の快挙で、今シーズンは自身初の20勝も期待されていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月15日のニュース