栗山監督 最下位は「全て自分の責任」 オーナー報告

[ 2013年10月10日 06:00 ]

シーズンの報告に訪れた栗山監督(左)は日ハム・小林オーナーと握手を交わす

 栗山監督が東京・品川の日本ハム本社を訪れ、小林宏オーナーにシーズン報告を行った。

 前年リーグ優勝から史上4チーム目となる最下位。球団では12年ぶりの屈辱となり「手応えを感じていたのに、そうならなかったのは全て自分の責任。来年は優勝します」と伝えた。報告後、指揮官はフェニックス・リーグ視察へ宮崎入り。勝負の3年目へ「ダメなら辞める覚悟は変わっていない。結果を出すだけ」と厳しい表情だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月10日のニュース