楽天 星野監督が必勝宣言「相手はどこでもええ」

[ 2013年10月10日 06:00 ]

達川氏(右)を相手に熱弁を振るう星野監督

 勝つ、勝つ、勝~つ!楽天・星野監督が、17日からのCSファイナルステージ(Kスタ宮城)で「必勝宣言」だ。

 「相手はどこでもええ。勝つから!大丈夫や」。12日からの同ファーストステージ(西武ドーム)では西武とロッテが対戦。西武は8連勝で一気に2位に浮上と、猛烈な勢いを誇る。楽天は今季、その西武に9勝13敗2分けと、パ5球団の中で唯一負け越した。対戦相手を待つ立場となるが、指揮官は「短期決戦は相性とか関係ない。そんなことを考えてたら前に進めんよ」と強調した。

 17日の第1戦には、開幕24連勝でレギュラーシーズンを終えた不敗のエース田中が先発予定。Kスタ宮城での全体練習後には内野陣によるバント処理の追加練習を行った。準備は着々。「アドバンテージ(の1勝分)は考えていない。これは強がりでも何でもないよ。勝った方が強いんや」。自らを鼓舞するかのような必勝宣言だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月10日のニュース