ソフトB退団のファルケン 日本球界でのプレーを希望

[ 2013年10月10日 06:00 ]

米国に帰国するファルケンボーグは手を振って別れのあいさつ

 今季限りでの退団が決まっているソフトバンクのファルケンボーグが成田発の航空機で米国へ帰国した。

 来季に関しては「福岡が一番。ただ、日本は自分のホームタウンだと思っている。ホークスでキャリアを終えたいが、ダメだった時は日本の球団で探す」と語った。今季は度重なる背部痛で41試合0勝4敗10セーブ、防御率2・04。だが、5年間では223試合、防御率1・51の実績を残しただけに、他球団が獲得に名乗りを上げる可能性はある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月10日のニュース