キャプティ 4連覇王手!大村は6回零封、攻めては機動力発揮

[ 2013年10月10日 06:00 ]

スポニチ後援蒼龍旗争奪野球第4日

(10月9日 東京ドーム)
 準決勝2試合が行われた。4連覇を狙うキャプティと、リコーロジスティクスがともに完封勝利を収めた。決勝は10日に東京ドームで行われる。

 <キャプティ>先発の大村が6回を2安打無失点の好投。それでも「追い込んでからの制球が良くなかった」と反省を口にした。打線は3回まで毎回3者凡退に抑え込まれたが、4回先頭の1番・高橋が内野安打で出塁すると、二盗に成功。1死後、3番・大沢が左前に先制適時打を放つなどして3点を奪った。長嶺雄介監督は「安打は少ないが足を絡めて点が取れた」と目を細めた。

 ▽準決勝
キャプティ(前年度優勝)
 000 301 000―4
 000 000 000―0
曙ブレーキ工業(自動車)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月10日のニュース