巨人 渡辺会長 中日新GMを歓迎「俺は落合ファン」

[ 2013年10月10日 06:00 ]

会場入りする渡辺会長

 巨人・渡辺恒雄球団会長(87)は9日、中日・落合GM誕生を大歓迎した。巨人OBで過去にはWBC監督にも推薦するなど高く評価する人物の球界復帰に渡辺会長流の就任祝いだった。

 「いいんじゃないか。俺は落合ファンだ。落合とは親しいんだ」

 CSの激励会を兼ねたリーグ優勝祝賀会が行われた都内ホテル。帰り際に中日の新体制について問われると、笑みを交えて話した。

 渡辺球団会長は、かねて落合氏の手腕を買っている。11年の中日監督退任の際には「ブスっとしているけど、人間はいい。監督としては名監督の一人」と惜しんだ。その後、第3回WBC監督の選出が難航していた際には「落合君しかいない」と公然と推薦。「中日をあれだけ強くした。軍師として采配力は一番じゃないか。12球団を総括するだけの貫禄ある人はいない」と称えた。落合氏が指揮を執った8年間で巨人は4度の負け越し。通算でも86勝101敗3分けだった。

 もちろん、自軍の名将も称えた。長嶋茂雄終身名誉監督ら約1500人が出席した祝賀会で、自身6度目のリーグ優勝を果たした原監督について「物凄い采配。容赦がないが、相手に愛情があり、それを選手も分かっている」と絶賛。一方、落合GMで中日は再び手ごわくなるかという問いには「それは分からん。選手次第」と言った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月10日のニュース