中日新社長 驚き隠せず「じぇじぇじぇ人事」

[ 2013年10月10日 07:55 ]

谷繁新監督を発表する佐々木新球団社長。左は坂井前社長

 落合GM体制に伴い、中日フロント陣が大幅に変わった。臨時株主総会で佐々木崇夫氏(66)が代表取締役社長兼オーナー代行に就任し、坂井克彦社長(68)は退任した。

 親会社の中日新聞社常務取締役広報担当から異動した佐々木氏は「私にとっては今はやりの言葉で言うなら“じぇじぇじぇ”の人事になります」と表現した。

 また、西山和夫氏(64)が取締役球団代表兼連盟担当に就任。井手峻常務取締役球団代表兼連盟担当(69)は取締役相談役に、西脇紀人取締役編成担当(63)は取締役球団社長付になった。佐藤良平取締役管理担当兼経理部長(57)は退任した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月10日のニュース