パ軍の日本人スタッフ 敗退も「この悔しさを糧に」

[ 2013年10月10日 13:31 ]

ナ・リーグ地区シリーズ第5戦 パイレーツ1―6カージナルス

(10月9日 セントルイス)
 敗退が決まったパイレーツの日本人スタッフ、コンディショニング担当の百瀬喜与志氏は「今日で終わってほしくなかったですけど、仕方ないです」と淡々と話した。

 球団入りして13年目の百瀬氏は「この悔しさを糧に、選手たちには頑張ってもらいたい。僕自身もこれをモチベーションにして頑張っていきたい」と誓う。若手の多いチームだけに、最後は「もっと上を目指すように、来年頑張ります」と力強かった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月10日のニュース