セ・リーグ 原監督を最優秀監督賞に選出 引退の前田智ら特別賞

[ 2013年10月10日 06:00 ]

 セ・リーグは9日、連盟特別表彰を発表し、最優秀監督賞に巨人の原監督(55)を選出した。

 このほか、スピードアップ賞に巨人の阿部慎之助捕手(34)、特別功労賞に今季限りで現役を引退する広島の前田智徳外野手(42)、ヤクルトの宮本慎也内野手(42)、特別賞にプロ野球新記録となる15打席連続出塁を達成した広島の広瀬純外野手(34)を選んだ。

 また、巨人の菅野智之(23)、ヤクルトの小川泰弘(23)、阪神の藤浪晋太郎(19)の新人3投手のうち、新人王に選出されなかった選手に新人特別賞を贈る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月10日のニュース