4大スポーツ最強のボストン 00年以降10度の頂点

[ 2013年10月10日 06:00 ]

オルティス(左)からビールをかけられるレッドソックス・上原
Photo By スポニチ

 米国に、4大スポーツ(野球、フットボール、バスケットボール、アイスホッケー)全ての本拠地がある都市および地域は11。そのうち、00年以降で頂点に立った合計回数が最も多いのがボストンだ。

 NFLのペイトリオッツが04、05年にスーパーボウルを、NBAのセルティクスが08年にファイナルを、NHLのブルーインズが11年にスタンレー杯を制した。レッドソックスは04、07年にワールドシリーズを制覇。4チーム合計で10回の頂点を決める戦い(MLBならワールドシリーズ)に進出し、6回優勝している。テロの悲劇に見舞われた本拠地で、レッドソックスが今季の合言葉「BOSTON STRONG」を実現しようとしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月10日のニュース