これがエースだ!ウェインライト 胸張る1失点完投

[ 2013年10月10日 12:58 ]

パイレーツ戦で最後の打者を三振に仕留め喜ぶカージナルスのウェインライト

ナ・リーグ地区シリーズ第5戦 カージナルス6―1パイレーツ

(10月9日 セントルイス)
 まさにエースの働きだった。1失点完投でチームを勝利に導いたカージナルスのウェインライトは、最後の打者を三振に仕留めると、派手なガッツポーズを決めた後にチームメートと抱き合って喜んだ。「こういう大舞台で投げることを投手なら誰でも夢見る。完投するというつもりで投げた」と胸を張った。

 19勝で今季のナ・リーグ最多勝に輝いた右腕は、この日も緩急を巧みに使い、107球で9回を投げ抜いた。7回に許した1点も内野安打3本によるもので、7回1失点で勝ち投手となった第1戦同様、危なげがなかった。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月10日のニュース