中日 ヤングドラゴンズ大暴れ 高木監督は「どうでもいいよ」

[ 2013年9月30日 06:00 ]

<中・神>8回、大島の内野安打で二走・平田も生還。捕手・清水

セ・リーグ 中日4-2阪神

(9月29日 ナゴヤD)
 「ヤングドラゴンズ」で阪神に競り勝った。中日は開幕戦の先発野手から、この日の先発に名前を連ねたのは荒木だけ。消化試合だからこその若手メンバーが躍動した。

 中でも今季2度目の「4番」に入った25歳の平田が光った。2回、先頭で中前打を放ち先制のホームを踏むと、8回には二塁走者として代打・大島の決勝内野安打で「ホームに回り込むのは高校以来です」という果敢な走塁を披露し滑り込みながら左手でホームにタッチし生還を果たした。

 来季の新監督は、決まっていないが、若手にとってはアピールを続けるしかない。1―1の5回には堂上剛が、メッセンジャーから右中間に今季1号を放り込んだ。井上打撃コーチは「若手がメッセンジャーを打てたことは自信になる」と貴重な経験を喜んだ。

 3連勝で、今季の阪神戦は11勝11敗1分け。10月1日の最終戦(甲子園)に勝てば、勝ち越しとなる。ただ、今季限りでの退任が決まっている高木監督は「どうでもいいよ」と痛快な虎退治にも他人事だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月30日のニュース