7連勝で生き残ったレ軍 指揮官「何も変えるつもりはない」

[ 2013年9月30日 10:43 ]

エンゼルスに勝利し、ガッツポーズをするレンジャーズのダルビッシュ(中央)

ア・リーグ レンジャーズ6―2エンゼルス

(9月29日 アーリントン)
 レンジャーズはシーズン大詰めでの7連勝で、ワイルドカードでのプレーオフ進出を懸けたレイズとの1試合だけの決定戦に生き残った。8回にソロ本塁打を放った捕手のソトは「できる限りのことをやりたかった。ダルビッシュは最後までよく投げた」と喜んだ。

 勢いに乗って決定戦を迎える。ワシントン監督は「今までと何も変えるつもりはない。テキサス・レンジャーズの野球をする」と静かに抱負を語った。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月30日のニュース