大阪桐蔭 森友 「完璧」2ラン 虎スカウト「うちには必要な選手」

[ 2013年9月30日 06:00 ]

<常総学院・大阪桐蔭>9回1死一塁、右越えに2ランを放つ大阪桐蔭・森友。後ろで観戦する桐光学園の松井(左から2人目)もびっくり

東京国体 高校野球硬式の部1回戦 大阪桐蔭7―5常総学院

(9月29日 八王子市民)
 東京国体の高校野球硬式の部は29日、八王子市民球場で1回戦3試合が行われた。今秋ドラフト1位候補の大阪桐蔭・森友哉捕手(3年)は、決勝2ランを含む2安打3打点の活躍でチームを8強に導いた。18Uワールドカップ(台湾)でチームメートだった桐光学園の松井裕樹投手(3年)も応援に駆けつけた中、持ち前の打力を存分にアピールした。

 試合を決定づける鮮やかな一打に、八王子市民球場がどよめいた。5―5で迎えた9回1死一塁。森友が右翼席に高校通算40号を放り込んだ。

 「完璧。狙ったというより、フルスイングしようと。自分のおかげで勝てたという試合を目指している。この試合も引っ張っていけた」

 20日のプロ志望届提出後、初めて迎えた実戦で最高の結果を叩き出した。「自分を選んでくれる球団に決めたい。ミート力を試したい。バッティングは何とかなる」。球場には高校日本代表で同じくドラフト1位候補の桐光学園・松井らが観戦に訪れていた。その目の前での会心の一発。「もう一度バッテリーを組みたいし、対戦相手としてもやってみたい」とプロでも互いを高め合っていくつもりだ。この日は金属バットだったが、密着マークを続ける阪神・畑山スカウトは「期待された場面で期待通りに打つ。うちには必要な選手」と最大級の賛辞で称えた。運命のドラフトは10・24。森友は最後の最後までアピールを続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月30日のニュース