早大には一般入学 5番武藤がV打 絶好調打率6割

[ 2013年9月30日 06:00 ]

<明大・早大>4回1死一、二塁から決勝の右翼線2点三塁打を放った武藤

東京六大学野球第3週第2日 早大4―1明大

(9月29日 神宮)
 <早大>5番の一振りで試合を決めた。同点の4回1死一、二塁から武藤が右翼線を破る2点三塁打。「心の準備はできていた。いつも通りにいけた」と決勝打を振り返った。

 金沢泉丘では甲子園出場はなく、早大には一般受験で合格した。今秋からレギュラーをつかんだ3年生は、ここまで4試合で10打数6安打、打率・600。「右足にためる感じでタイミングの取り方を意識している」と好調の要因を分析していた。

 ▼早大・有原(開幕前に左足小指を骨折、今季初先発で8回途中1失点)ケガで出遅れてチームに迷惑をかけたので、絶対に勝つという気持ちだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月30日のニュース