カーショーが投手2冠 ナ・リーグは全日程終了

[ 2013年9月30日 10:34 ]

 米大リーグは29日、ナ・リーグのレギュラーシーズン全日程を終了し、カーショー(ドジャース)が防御率1・83で3年連続の最優秀防御率に輝いた。232奪三振も1位。

 最多勝はウェインライト(カージナルス)とJ・ジマーマン(ナショナルズ)が19勝で並んだ。キンブレル(ブレーブス)が50セーブを挙げ、3年連続のタイトル獲得。

 打撃部門では、カダイアー(ロッキーズ)が打率3割3分1厘で首位打者となった。本塁打王はゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス)とアルバレス(パイレーツ)が36本で獲得。ゴールドシュミットは125打点で打点王にも輝いた。

 ア・リーグはレンジャーズとレイズがワイルドカード枠を懸けた決定戦を30日に行うため、確定していない。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月30日のニュース