マーリンズ アルバレスがノーヒットノーラン!サヨナラ勝ちで達成

[ 2013年9月30日 08:01 ]

タイガース戦で9回を無安打無得点で投げ終え、両手を上げるマーリンズのアルバレス

 米大リーグ、マーリンズのヘンダーソン・アルバレス投手(23)が29日、レギュラーシーズンの最終戦となるマイアミでのタイガース戦で無安打無得点試合を達成した。レッズのホーマー・ベイリー投手、ジャイアンツのティム・リンスカム投手に次いで今季3度目。

 投球内容は打者30人に99球を投げ、4三振、2四死球。0―0で9回を投げ終え、チームのサヨナラ勝ちで達成した。試合は1―0だった。

 ベネズエラ出身の右腕アルバレスはブルージェイズで2011年にデビュー。昨季は9勝(14敗)を挙げ、今季からマーリンズへ移籍した。今季は17試合に登板して5勝6敗、防御率3・59。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月30日のニュース