ブランコ 通算150、151号本塁打 バレ三冠阻止へ執念の連続弾

[ 2013年9月30日 19:33 ]

<ヤ・D>5回、通算150号となる3ランを放ち、花束をうけとるDeNA・ブランコ

セ・リーグ DeNA―ヤクルト

(9月30日 神宮)
 DeNAのブランコが5回に逆転の3点本塁打を放った。

 ヤクルト・村中の真っすぐをとらえ、打った瞬間それとわかる打球が左翼スタンドへ。通算150号となる一撃は会心の当たりだった。通算150本塁打で、プロ野球159人目。初本塁打は中日時代の09年4月3日の横浜(現DeNA)戦だった。

 これで打点は132に。3回にバレンティンが59号ソロを放ち、128打点となり、その差1に詰め寄られていたが、逆に4打点差をつけた。バレンティンの三冠王阻止へ、ブランコの執念を感じさせる一発。「コンパクトにいこうと心掛けていた。本当にうれしい」と満足げだった。

 さらに、7回にも自己最多の40号2ランを放ち、バレンティンとの打点差を6に広げた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月30日のニュース