バレ もどかしい2打点「本来のスイングができていない」

[ 2013年9月30日 06:00 ]

<ヤ・D>初回無死満塁のチャンスにバレンティンは先制の遊撃内野安打を放つ

セ・リーグ ヤクルト4-2DeNA

(9月29日 神宮)
 3冠王を目指すヤクルトのバレンティンが、2安打2打点をマークした。

 初回無死満塁で遊撃内野安打を放つと、7回1死一、三塁では左犠飛で127打点。打点トップのブランコも2打点を挙げ、2差は変わらず「最後の最後まで分からないと思う」。9試合ノーアーチとなったことには「(本塁打を)打てる球もあるが、本来のスイングができていない」ともどかしそうだった。

 ▼ヤクルト・宮本(6回に代打で右前打)いいところを(ファンに)見せられて良かった。(引退まで残り7試合だが)まだ淡々としている。最後になってきたら変わると思う。

 ▽田中浩(ヤクルト)通算1000試合出場 29日のDeNA23回戦(神宮)で達成。プロ野球461人目。初出場は05年4月6日の中日戦。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月30日のニュース