青木、3打数無安打で今季終える「来年は飛躍の年に」

[ 2013年9月30日 08:15 ]

メッツ戦の5回、三ゴロに倒れるブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ2―3メッツ

(9月29日 ニューヨーク)
 米大リーグ、ブルワーズの青木は29日(日本時間30日)、ニューヨークでのメッツ戦に「1番・右翼」で出場し、3打数無安打だった。ブルワーズは2―3で敗れた。

 初回の第1打席は二ゴロ、3回の第2打席が一ゴロ、5回の第3打席も三ゴロと、3打席連続で内野ゴロに倒れた青木は8回の第4打席で四球を選んだものの、快音は聞かれなかった。打率は2割8分6厘となった。

 ▼青木の話 もっともっと打たないといけないと思う。毎打席ヒットを打ちたいと思っていた。去年よりも(出場)試合数は多いが、疲れは感じていない。来年は飛躍の年にしたい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月30日のニュース