DeNA 篠原 今季限り現役引退 タフネス左腕も1軍登板なし

[ 2013年9月30日 06:00 ]

 DeNAは29日、篠原貴行投手(37)が今季限りで現役を引退することを発表した。今季は1軍登板がなかった。

 プロ通算496試合登板で33勝19敗17セーブ、防御率3・28。篠原は三菱重工長崎から97年ドラフト2位でダイエー(現ソフトバンク)に入団。2年目の99年には救援のみで14勝(1敗)を挙げて最高勝率のタイトルを獲得し、日本一に貢献した。09年オフに横浜(現DeNA)に移籍。11年には自己最多の67試合に登板するなど、タフネス左腕として16年間活躍した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月30日のニュース