ダルの奪三振王は持ち越しも…2位に37差、野茂以来は確実

[ 2013年9月30日 12:42 ]

 ア・リーグは、プレーオフ進出を懸けレンジャーズとレイズが決定戦を行うことになったためレギュラーシーズン全日程が終了せず、タイトル確定は持ち越した。ただ、277奪三振のダルビッシュは2位に37個差と大差をつけており、決まれば日本投手ではレッドソックス時代の2001年に野茂英雄が獲得して以来となる。

 本塁打、打点はデービス(オリオールズ)、打率は昨季三冠王のカブレラ(タイガース)、最多勝利はシャーザー(タイガース)がそれぞれトップに立っている。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月30日のニュース