ブラゼル 柵越え5発 伊東監督「6番あたりに入れば」

[ 2013年7月1日 06:00 ]

 昨季まで阪神でプレーしたロッテの新外国人ブラゼルが全体練習前に打撃を披露した。

 75スイングで中堅右への130メートル弾を含む5本の柵越え。伊東監督も「当たれば飛ぶね。彼が6番あたりに入れば」と期待を寄せた。

 指揮官から「ポジションは競争」との説明を受けたブラゼルは「(来日の)疲れがあるが、徐々に状態を上げたい。結果を出した人が試合に出られるのは当然」と語った。試合出場が可能となる就労ビザ取得は7月上旬となる見通しだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月1日のニュース