大谷 投手優先で急きょ欠場 栗山監督が試合前に決断

[ 2013年7月1日 06:00 ]

<日・西>試合前の練習で大谷(左)と話す栗山監督

パ・リーグ 日本ハム4-8西武

(6月30日 札幌D)
 「二刀流」ルーキーの大谷は当初、右翼で先発出場を予定していたが、試合前練習をチェックした栗山監督が「4日後に投げてもらうわけだし、疲れが出てくる頃かな」と欠場の判断を下した。

 大谷は「代打の準備はしていましたが、投げる方を優先させるということで」。1日はブルペンで50球程度の投球を予定しており、4日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)の先発へ備える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月1日のニュース