イチローは4打数無安打 5連敗に「できなさ過ぎだと思う」

[ 2013年7月1日 12:24 ]

オリオールズ戦の5回、中飛に倒れるヤンキースのイチロー

ア・リーグ ヤンキース2―4オリオールズ

(6月30日 ボルティモア)
 米大リーグ、ヤンキースのイチローは6月30日(日本時間7月1日)、ボルティモアでのオリオールズ戦に「2番・右翼」で出場、4打数無安打だった。打率2割7分。ヤンキースは2―4で敗れ、今季3度目の5連敗。

 初回の第1打席で強い当たりのニゴロに倒れたイチローは2回、同点に追いついて、なお2死満塁のチャンスで第2打席を迎えたが、1ボール2ストライクから4球目を打って遊飛に終わり、5回の第3打席も中飛。2―3で迎えた7回の第4打席は2死一、二塁から投邪飛と、先発した黒田を援護することはできなかった。

 ▼イチローの話(オリオールズの印象は)それぞれがそれぞれに結果を出すとチームは勝つ。今(相手は)そういう状態ではないですか。(シーズンの半分を消化して好不調の波が激しいこれまでの戦いに)序盤の結果はチームの状態からすると出来過ぎ。でもこれ(現在の状態)もできなさ過ぎだと思う。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月1日のニュース