黒田、今季6敗目…痛恨ソロ3発被弾 ヤンキースは5連敗

[ 2013年7月1日 12:22 ]

オリオールズ戦の1回、マチャドに先制ソロを浴びたヤンキース・黒田

ア・リーグ ヤンキース2―4オリオールズ

(6月30日 ボルティモア)
 米大リーグ、ヤンキースの黒田は6月30日(日本時間7月1日)、ボルティモアでのオリオールズ戦に先発し、6回0/3で99球を投げ、3本のソロ本塁打を浴びるなど7安打4失点、今季6敗目(7勝)を喫した。防御率2・95。ヤンキースは2―4で敗れ、今季3度目の5連敗。

 初回1死からマチャドに真ん中に甘く入ったボールを捉えられて左越え6号ソロを許した黒田は2回、先頭のデービスに外角低めのボールを流し打たれて左越え31号ソロを被弾。さらに3回にも1死からマクロースに右越え6号ソロを浴びた。

 4回は3者連続の空振り三振、5回は1死からロバーツに中前打を許したものの、2者連続三振で無失点、6回は3者凡退と、立ち直った黒田だったが、2―3で迎えた7回、先頭のウィータースに右前打、続くハーディに左越え二塁打を浴び、無死二、三塁のピンチを招いて降板した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月1日のニュース