上原、今季初勝利!「失投」で同点被弾も直後にサヨナラ勝ち

[ 2013年7月1日 07:06 ]

ブルージェイズにサヨナラ勝ちし、チームメートとタッチして喜ぶレッドソックス・上原

ア・リーグ レッドソックス5―4ブルージェイズ

(6月30日 ボストン)
 レッドソックスの上原は6月30日(日本時間7月1日)、ボストンで行われたブルージェイズ戦で4―3の9回に5番手で登板。1回2安打1失点で同点に追いつかれたが、直後の9回裏に味方が5―4でサヨナラ勝ちし、今季初勝利を挙げた。

 上原は9回にマウンドに上がると、先頭のレイエスを右飛に打ち取ったが、続く2番バティスタに外角高めのフォークを捉えられ、左翼席への同点ソロ本塁打を浴びてしまう。エンカーナシオンにも中前打を許したが、後続を抑えて1失点で終えた。失点は10試合ぶりで、防御率は2・12。

 チームはその裏、安打と四球で1死一、二塁とし、相手失策でサヨナラ勝ちを収めた。

 ▼上原の話(本塁打を許したバティスタは)一番当たっている打者で注意はしていたつもりだが、甘かった。失投だった。チームが勝ったことが一番だが(先発の)デンプスターに申し訳ない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月1日のニュース