ダル、1カ月半ぶり勝った!7回途中4安打無失点で今季8勝目

[ 2013年7月1日 07:25 ]

レッズ戦に先発し、6回2/3を無失点で、8勝目を挙げたレンジャーズのダルビッシュ

インターリーグ レンジャーズ3―2レッズ

(6月30日 アーリントン)
 レンジャーズのダルビッシュが6月30日(日本時間7月1日)、アーリントンで行われたインターリーグのレッズ戦に先発し、6回2/3で117球を投げて4安打無失点、4四球8三振で、5月16日のタイガース戦以来となる今季8勝目(3敗)を挙げた。

 1、2回と走者を出しながらも無失点で終えたダルビッシュ。3回には四球と左前打で2死一、三塁と得点圏に走者を背負ったが、4番フィリップスを速球で空振り三振に斬った。2点のリードを得た直後の6回にも四球と右前打で2死一、三塁のピンチを招いたが、ポールを一ゴロ併殺に打ち取って無失点でしのぎ、7回2死から四球を与えた場面でマウンドを下りた。防御率は2・78となった。

 チームは7回に1点を追加して3―0とリードを広げたが、直後の8回に救援陣が崩れ、無死満塁から2本の犠飛で2失点。1点差に迫られたが5番手フレーザーが踏ん張り、最後はネーサンが締めて、ダルビッシュに8試合ぶりの白星をプレゼントした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月1日のニュース