イチロー久々2番 ジラルディ監督「好調取り戻す」と期待

[ 2013年4月25日 11:36 ]

レイズ戦の9回、右前打を放つヤンキースのイチロー

ア・リーグ ヤンキース0―3レイズ

(4月24日 セントピーターズバーグ)
 ヤンキースのイチローは24日、レイズ戦に「2番・左翼」で出場し、4打数1安打だった。内容は右飛、二ゴロ、一ゴロ、右前打で打率は2割2分2厘。

 開幕2戦目の3日のレッドソックス戦以来となる2番に入ったイチロー。0―3の9回1死一塁、前日に続きレイズの抑えロドニーから一、二塁間を破る安打を放って一、二塁とチャンスを広げたが後続が凡退。チームは0―3で敗れた。

 ジラルディ監督はイチローの打順について「先週くらいからよく振れている」と説明。「これから去年のような好調を取り戻すと思っている」と、39歳のベテランへの期待の大きさを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月25日のニュース