気温マイナス5度でも熱い!アップトン兄弟 75年ぶりの連弾

[ 2013年4月25日 06:00 ]

<ロッキーズ・ブレーブス第1試合>雪化粧した樹木を背に投球するロッキーズのフランシス

ナ・リーグ(第2試合) ブレーブス10―2ロッキーズ

(4月23日 デンバー)
 コロラド州デンバーでのロッキーズ―ブレーブス戦は、観測史上最低気温の中で行われた。

 ダブルヘッダー第1試合の開始時の気温はカ氏23度(セ氏マイナス5度)で、大リーグが統計を取るようになった91年以降では最低。センター後方にある木には雪が積もり、あまりの寒さに試合開始時の観衆は300人に満たなかった。「最後に雪を見たのはいつか記憶にない」と話していたB・アップトンは第2試合の5回先頭で3号ソロを放つと、続く弟のJ・アップトンも第1試合に続く11号ソロ。兄弟の2者連続アーチは、38年のウェイナー兄弟以来、75年ぶり史上2組目の快挙となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月25日のニュース