秋山監督 “質問”攻め 抗議できないビデオ判定で粘った 

[ 2013年4月25日 06:00 ]

<ソ・日>4回途中で降板しベンチに戻り顔を隠すソフトバンク・寺原

パ・リーグ ソフトバンク5-9日本ハム

(4月24日 ヤフオクD)
 4回に日本ハム・アブレイユが放った本塁打は、ビデオ判定となるほど微妙な当たりだった。

 秋山監督は「ビデオ判定だから文句は言えない。ちゃんと見えた?と聞いただけだよ」と話した。ビデオ判定が行われた場合、異議は認められておらず、抗議と判断されれば即、退場となる。指揮官は「質問」という形で粘ったが、判定は覆らなかった。渡田責任審判は「3度、VTRを見ましたが、はっきりスタンドインです」と判定の正しさを強調した。

 ▼ソフトバンク・寺原(4回途中5失点でKOされ、移籍後初登板を飾れず)試合をつくりたかったのですが、決め球が甘くなってしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月25日のニュース