広島・前田智 25日手術 復帰まで2~3カ月、前半戦絶望

[ 2013年4月25日 06:00 ]

23日のヤクルト戦で左手首に死球を受けた広島・前田智

 左手首を骨折した広島の前田智徳外野手(41)が25日に広島市内の病院で手術を受ける。24日に球団が発表した。

 前田智はこの日、左腕を三角巾でつり、午前6時始発の新幹線で東京から広島へ戻った。問い掛けには無言。その後、市内の病院へ直行し、CT(コンピューター断層撮影)検査を受けた。

 前田智は23日のヤクルト戦(神宮)で8回に江村から左手首に死球を受けて途中交代した。野口稔トレーナーは「手術する方が後遺症も残りにくい」と説明。全治は不明だが「一般的に野球ができるようになるまで、2~3カ月はかかる」との見通しを示した。前半戦での復帰は絶望的だ。

 チームはこの日、ヤクルト戦が天候不良で中止になったことを受け、神宮室内で練習した。野村監督は23日に本人と話をした際に「長い間お世話になりましたと言われた」と苦笑い。「軸がいなくなるのは苦しいが、暗い話をしてもしようがない」と切り替えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月25日のニュース