栗山“節目の日”に自画自賛の2号ソロ

[ 2013年4月25日 20:12 ]

パ・リーグ 西武4―5ロッテ

(4月25日 西武D)
 西武の栗山が1―0の4回に一振りで貴重な追加点を挙げた。先頭で唐川の初球を右中間席へはじき返す2号ソロ。7試合連続安打で、この回6安打3得点の猛攻を呼び込み「先頭打者の初球本塁打はファーストスイングが大事なので、打てて良かった」と自画自賛した。

 試合前には16日に達成した通算千安打の表彰を受けた。さらにこの日は国内フリーエージェントの資格取得条件を満たす節目となり、記念の日に主将が活躍した。

 だがチームの勝利に結びつかず「勝てば一番良かったけど。ダメ押しできれば違う展開になっていた」とその後の打席で無安打だったことを悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月25日のニュース